ボツリヌス療法について

HOME» ボツリヌス療法について »ボツリヌス療法について

ボツリヌス療法について

ボツリヌス療法について




脳卒中でよくみられる運動(機能)障害の一つに痙縮という症状があります。痙縮とは筋肉が緊張しすぎて、手足を動かしにくかったり、勝手に動いてしまう状態のことです。

ボツリヌス療法は、その痙縮の治療方法の一つです。

 
 痙縮(けいしゅく)でみられる症状
 
手の指が握ったまま開かない ひじが曲がったまま伸びない
つま先立っていて歩けない(歩きにくい) ひざ(股)が閉じる



ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌(食中毒の原因菌)が作り出す天然のたんぱく質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬を筋肉内に駐車する治療法です。

ボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があります。そのためボツリヌストキシンを注射すると、筋肉の緊張をやわらげることができるのです。

ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。
 
     
  日本でボツリヌス治療が認可されている疾患  
     
  ・手足(上肢・下肢)の痙縮  
  ・眼瞼けいれん(瞼がけいれんする病気  
  ・片側顔面けいれん(顔の筋肉が収縮する病気)  
  ・痙性斜頸(首が斜めに曲がってしまう病気)  
  ・小児脳性まひ患者の下肢痙縮に伴う尖足(つま先が伸び、かかとが床につかない状態)  
  ・重度の腋窩多汗症(ワキの下に多量の汗が出る病気)  
  ・斜視(両眼の視線が同じ方向に向かない状態となる病気)  
  など  
     
 
 ボツリヌス療法で期待できること


ボツリヌス療法の効果と持続期間について

ボツリヌス療法の効果は、注射後2〜3日後から徐々にあらわれ、通常3〜4ヶ月持続します。

効果は徐々に消えてしまうので、治療を続ける場合には、年に数回、注射を受けることになります。

ただし、効果の持続期間には個人差があるので、医師と相談をしながら、治療計画を立てていきます。
初めての治療で理想とする効果を期待するのではなく、繰り返し治療を重ねることで、最適な治療(投与量・投与部分)をみつけていきます。





 
 注射部位
 
痙縮のみられる筋肉に注射します、注射部位は患者さんによって異なりますが、一度に数カ所、注射する場合もあります。
 


まれにボツリヌス療法を受けたあとに副作用として次のような症状があらわれることがあります。
これらの症状は多くが一時的なものですが、症状があらわれた場合には医師に相談してください。


ごくまれに次のような症状があらわれることがあります。
これらの症状があらわれた場合には、すぐに医師に相談してください。

 
     
  ● 吐き気がする ● 呼吸が苦しい  
  ● 全身が赤くなる ● 物が飲み込みにくい  
  ● けいれんが起こる    
     

※この他にもボツリヌス療法を始めた後に、何かいつもと違うなと感じることがありましたら、医師に相談してください。




次のような方はボツリヌス療法を受ける前に、必ず医師に申し出てください。

 
     
  ●現在ボツリヌス療法を受けているか、過去に受けたことがある方  
  現在ボツリヌス療法を受けているか、過去にボツリヌス療法を受けたことがある場合(他の医療機関も含む)は、ボツリヌス療法を受けた疾患名、時期、投与量をお申し出ください。  
     
  ●全身性の筋力脱力を起こす病気(重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、筋萎縮性側索硬化症など)がある方  
  ボツリヌス療法はこれらの病気を悪くすることがありますので、このような方は治療を受けられません。  
     
  ●この薬を以前に使用し、発疹などのアレルギーを経験したことがある方や、アレルギー体質の方  
     
  ●妊娠している方、妊娠している可能性のある方、授乳中の方  
     
  ●現在使用中の薬がある方  
  同時に使用できない薬があるため、使用中の薬は、市販薬を含めて全て医師に申し出てください。
特にアミノグリコシド系の抗生物質、パーキンソン病の治療薬、筋弛緩薬、精神安定剤などの投与を受けている方は、医師に申し出て、指示に従ってください。これらの薬は、ボツリヌス療法と同時に使用すると、効果が強くあらわれることがあるため、十分な観察のもとで投与を行う必要があります。
 
     




ボツリヌス療法の費用は、注射部位の数や筋肉のつっぱりの程度などによってことなります。

1回の治療で最も多く投与した場合の薬剤費(目安)は次の通りです。費用は薬剤費の他に、診察料、注射の手技料などがかかります。

 
 ボツリヌス療法の薬剤費(目安)
(2015年7月現在)
注射部位 1割負担 2割負担 3割負担
手・腕
240単位投与する場合
(100単位2バイアル+50単位1バイアル)
約22,000円 約45,000円 約67,000円

300単位投与する場合
(100単位3バイアル)
約26,000円 約53,000円 約79,000円
手・腕+足
360単位投与する場合
(100単位4バイアル)
約35,000円 約70,000円 約105,000円





脳卒中の後遺症でお困りの方は、身体障害者手帳を取得することで、医療費の自己負担額の全額または一部が助成されます。




高額医療費制度とは、医療機関や薬局の窓口で支払った額が暦月(付きの初めから終わりまで)で一定額(自己負担限度額)を超えた場合に、その超えた金額が支給される制度です。
自己負担限度額は、年齢や所得によって異なります。詳しくは、加入している健康保険の窓口(国民健康保険の場合は、お住いの市町村の窓口)にお問い合わせください。

 
 自己負担限度額
(2016年12月現在)
70歳以上の方
所得区分 1ヶ月の自己負担限度額
外来(個人ごと) 外来・入院(世帯)
①現役並み所得者(標準報酬月額28万円以上で高齢受給者証の負担割合が3割の方) 44,000円 80,100円+(医療費ー267,000円)×1%
[多数該当:44,000円]
②一般所得者(①および③以外の方) 12,000円 44,000円
③低所得者 II(※1) 8,000円 24,600円
Ⅰ(※2) 15,000円
   
※1 被保険者が市区町村民税の非課税者等である場合。
※2 被保険者とその扶養家族全ての方の収入から必要経費・控除額を除いた後の所得がない場合。
注) 現役並み所得者に該当する場合は、市区町村民税が非課税等であっても現役並み所得者となる。

70歳未満の方
所得区分 1ヶ月の自己負担限度額
 年収約1,160万円〜の方
  健保:標準報酬月額83万円以上の方
  国保:年間所得(※3)901万円超の方
252,600円+(医療費ー842,000円)×1%
 年収約770万円〜約1,160万円の方
  健保:標準報酬月額53万円以上83万未満の方
  国保:年間所得600万円超901万円以下の方
252,600円+(医療費ー842,000円)×1%
 年収約370万円〜約770万円の方
  健保:標準報酬月額28万円以上53万未満の方
  国保:年間所得210万円超600万円以下の方
252,600円+(医療費ー842,000円)×1%
 〜年収約370万円の方
  健保:標準報酬月額28万円未満の方
  国保:年間所得210万円以下の方
57,600円
 住民税非課税の方 35,400円
   
※3 ここでいう「年間所得」とは、前年の総所得金額および山林所得金額並びに株式・長期(短期)譲渡所得金額等の合計額から基礎控除(33万円)を控除した額(ただし、雑損失の繰越控除は控除しない。)のことを指す(いわゆる「旧ただし書所得」)



 
     
  ●注射当日は、注射部位をもまないように注意してください。  
  ●注射当日の入浴は控えてください。  
  ●注射の翌日以降は、特に日常生活上の制限はありません。  
  ●効果は通常2〜3日してから徐々にあらわれてきます。  
  ●ボツリヌス療法の効果は通常3〜4ヶ月持続しますが、時間が経つにつれて徐々に効果は消失します。お薬を再投与することで同様の効果が期待できます。  
  ●ボツリヌス療法によって活動的になったり、筋力のバランスが変わることで、転びやすくなることがあるため注意してください。  
     

その他、気になることがありましたら、医師にご相談ください。
“かかりつけ医”としての役割を意識し、 幅広い疾患に対応しています。

ボツリヌス療法について

消化器科外科内科整形外科肛門外科リハビリテーション科訪問看護・訪問リハビリ部門ボツリヌス療法乳腺外科(相談・予約制)脳神経外科(相談・予約制)リウマチ科(相談・予約制)糖尿病科(相談・予約制)呼吸器科(相談・予約制)

(乳腺外科、脳神経外科、リウマチ科、糖尿病か、呼吸器科は専門医による予約診療です。)
 
 
 
経鼻内視鏡検査
早朝 胃・十二指腸内視鏡検査
乳がん検査
痔の予防法
クシャーラスートラによる痔瘻治療


平日(月曜日〜土曜日)
(午前の部) 08:30〜13:00
(午後の部) 16:30〜18:30
 
日曜・祝日
  15:30〜17:00

※平日午前8時30分までは、予約検査の患者さんの優先診療を行っておりますので、ご理解下さい。